利用の注意点

白い車

車両未登録の自動車を日本国内で運搬するには、車両運搬車を使って陸送をします。
車検切れの中古車を運搬する時も、運送会社に依頼して陸送をします。
自動車の陸送の注意点としては、全ての運送会社が車の陸送に対応しているわけではありませんので、自動車の陸送を行っている運送会社に依頼することが必要になります。
車検切れの中古車をネット通販で購入した場合には、購入した中古車を車両運搬車で自宅や会社まで運んでもらいましょう。
その場合の費用は、納車費用に含まれている場合もあれば、別途陸送費がかかる場合もありますので、事前に確認をしておくことが必要です。
自動車を載せて運搬する車両のことをキャリアカーといいます。
キャリアカーには一台積みや二台積みのローダーや、たくさんの自動車を載せることができるトレーラーなどがあります。
キャリアカーを運転するには、それぞれの車種に合った運転免許証が必要です。
しかし、ローダーは普通自動車運転免許があれば運転可能な場合がほとんどです。
トレーラーを運転するには、大型自動車運転免許とけん引免許が必要になります。
トレーラーは普通免許では運転することができないので注意が必要です。
陸送を業務として行う場合には、運送業の許可が必要になります。
運送業の許可を受けていない業者が、白ナンバーの貨物車を使って運送業を行うことは法律で禁止されています。
運送業を営む会社には、運行管理者の資格を持っている人を常駐させることが条件となります。
運行管理者の資格を取得するためには、年2回行われている運行管理者試験を受験し、試験に合格することが必要です。
運送業は交通事故の危険と隣り合わせの仕事であるため、運転手の健康管理や安全意識の徹底が求められます。
貨物車の運転手は、法律によって決められた時間を超えて運転することはできないため、道路交通法などの法律を厳守する必要があります。
法律に違反した場合には、業務停止命令などの行政処分を受ける場合があるので注意しましょう。

オススメリンク

車の陸送は低料金で依頼できます「バイク、自動車の陸送サービス」

陸送業者の費用を比較するなら◆陸送業者費用比較君

バイクの陸送業者は評判で比較しよう~陸送サービスの口コミ~

利用金額について

自動車陸送業利用の金額は、車を移動させたい移動距離によって決まってきます。東京から日本の両端である北…Read more

関連リンク

最新の投稿
アーカイブ
カテゴリー
カレンダー
2015年4月
« 11月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930